« No Lamb, No Life 東洋肉店の骨付きラムを焼く | トップページ | ハス葉氷が知人の海を漂流する »

-18℃の朝 凍てつく大気

Dsc_3500a
釧路市街で今季最低の気温を記録した極寒の朝
部屋着のステテコ姿で果敢に撮影に臨む勇気ある妻

    
Dsc_3499a
タンク群の向こうにいつもは見える釧路の街並みが気嵐の煙幕に隠れています

   
Dsc07632a
製紙工場の白い煙が気嵐の壁の向こうに立ち上って

   
Dsc07633a
突然現れた霧のような壁に囲まれて街がすっぽり隔離されてしまうというSF小説がありましたよね(小松左京でしたっけ?)

   
Dsc_3497a
知人礁灯標周辺の浅い海面に特有の、半弧を描くように流れて昇る気嵐
ステテコ姿で束の間見るだけでは、実にもったいない冬の風景です

   
Dsc07630a
気嵐に霞むクレーン船

妻のステテコ姿以外の写真は、クリック(タップ)すると大きな画像でご覧になれます
     

|

« No Lamb, No Life 東洋肉店の骨付きラムを焼く | トップページ | ハス葉氷が知人の海を漂流する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« No Lamb, No Life 東洋肉店の骨付きラムを焼く | トップページ | ハス葉氷が知人の海を漂流する »