« 夏のウナギ バスク風 | トップページ | 温根内のタヌキモ »

借りぐらしのアリエッティ

Borrowers_arrietty02

スタジオジブリ作品

凛々しく好奇心(進取の気性)に富んだアリエッティと、草食系(設定は心臓疾患の病弱な)少年 翔の出会いと別れの物語

小人たちの借りぐらし生活の描写に惹きつけられて観ていると、あっという間に90分ほどの上映が終わってしまいます。

上の画像はバジルと紫蘇の葉を手に入れて家に戻ろうとしているところ。人間に見られてしまうのは作業に注意が向き過ぎてしまう、こんな時。実際、アリエッティはここで翔に見られているのだけど、本人はそのことに気付いていない。

お手伝いのハルは小人を捕まえようとする、登場人物のなかでは唯一の「悪人」として描かれるけれど、小人たちにとってはそれが「人間」というもの。

難しいメッセージは無し。楽しめる作品です

 

|

« 夏のウナギ バスク風 | トップページ | 温根内のタヌキモ »